乾燥肌用化粧品の特徴と違いについて


普段使っている基礎化粧用品や化粧品、なんとなく選んでいませんか?
乾燥肌に悩んでいる方は多いと思います。乾燥肌は、皮脂分泌量の低下および角質細胞間脂質などの減少により、角質の水分含有量が低下し、皮膚の表面にうるおいがなくカサカサしたり、柔軟性も失われている状態です。お肌が乾燥していると、かさつきを感じる他にも、お化粧のノリも悪くなったり、くすんでみえたり、乾燥によるニキビが出来てしまうなど、憂鬱なことばかりですよね。
これから汗をかく季節になると汗や皮脂が出ることにより、肌が潤っている状態だと勘違いしてしまうことがありますが、夏の紫外線やエアコンによるダメージで想像以上に肌は乾燥が進んでいます。きちんと乾燥肌用化粧品を使用し、肌にうるおいを与えましょう。
乾燥肌用化粧品は、普通肌用の化粧品と比べ、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンやエキスなどの保湿成分が多く含まれています。特に注目したいのは、セラミドとヒアルロン酸です。セラミドは肌細胞の間に存在しているもので、水分や油分を溜めこみ、乾燥による外部からの刺激や水分の蒸発によるバリア機能が低下した肌を守ってくれる働きがあります。ヒアルロン酸はアミノ酸の一種で水分保水力が高く、肌に弾力やハリを与え美肌を保つ働きがあります。この2つの成分を併せることにより成分の効果を最大限に発揮するため、乾燥に悩む方にはセラミドとヒアルロン酸の2つが成分に含まれている乾燥肌用化粧品がおすすめです。乾燥肌用化粧品は、肌を乾燥させないための成分が含まれているだけではなく、乾燥で弱った肌に余計な負担をかけないよう、香料や保存料、防腐剤など、刺激のある成分を取り除いたものが多いのも特徴です。クレンジングや洗顔なども含め、ローションやミルク、クリームなどを乾燥肌用の化粧品のものに変えることで、かさついたお肌にうるおいを取り戻すことができます。クレンジングや洗顔の際は、汚れを落とそうとゴシゴシ力を入れて洗わないようにしましょう。クレンジングはメイクをやさしくなじませるように落とし、洗顔はたっぷりと泡立て、その泡で包み込むようにして洗います。そして洗顔後はすぐにローションでお肌に水分を与え、ミルクやクリームなどでフタをし、うるおいを閉じ込めましょう。乾燥肌用化粧品には色々な種類のものがありますが、自分に合わないと思ったら使用を中止し、自分に合うものに変えましょう。お肌には、自分に合うものを使うことが大切です。